FX(外国為替証拠金取引)の投資をする上でのターゲットは世界各国の公式貨幣です。公式貨幣に当り勉強してみたいと思います。・通貨の単位には「基軸通貨」という呼び方でよばれている通貨が存在します。基軸通貨というのは、世界各国間の決済において金融商品の取引に際して重視して使われる貨幣のことを言い、米ドルであります。以前は英ポンドについて基軸通貨でしたが終戦後は米ドルになったのであります。・FXを利用して取引きされる貨幣の種類については他で言う外貨の投資に比べてみるとかなり豊富というのが特殊性というのがあげられます。FX業者によって、取り扱う貨幣の種類については、異なっているのですが普通ではおおよそ20種類ある模様です。その種類の中でも流動する性質が大きい公式通貨をメジャー通貨と言います。変動性が大きいが表すことは、やり取りが頻繁に行われていて、公式通貨のビジネスが簡易なという事です。主要な公式通貨には述べた基軸の通貨と呼ばれる$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、日本円、ユーロ(?)3つがございまして、世界三大通貨と名付けられております。英ポンド、カナダのドルなどが準メジャー通貨と言われております。世界三大通貨と準メジャー通貨以外の変動性が少ない通貨に関してはマイナー通貨と称されて経済大国に比べ国力や経済力が弱い国の流通通貨で南アフリカランドやインドルピー、トルコリラなどが広く支持された通貨に関しては売買されている規模が多量ですという事もあって価格の起伏が横ばいで情報の数も多いのだそうです。マイナー通貨においては、利子が高い価格な通貨というのが多いから、価格の起伏がかなりあるみたいです。値の激動が大きいという事について、絶大な利潤を手に入れるチャンスがあるのですが利益を得る機会があるだけリスクも大きく、おぼつかない事があげられます。変動性が少ない貨幣という訳ですのでかたを付けを求める際に決済する事が出来ない可能性があるので気をつけましょう。どの種類の通貨を厳選するのかという事についてはそれぞれの流通貨幣の性質を念入りに研究してから実践する事は重要であると思います。