どこにでもあるビギナー向けの外国為替証拠金取引の教科書では、「損失が生じたケースではナンピン買いをして、ポジションの価格を小さくする事が出来る」等と記述されている事もありますが現実的にはこれには相当のリスクが潜んでいます。

ナンピン買いのやり方について記述しておきます。

例として1ドル100円でドルを買ったとします。

$(ドル)買いなので円安に進むほど儲けが出ますが反対に95円まで円高が進んでしまった。

この状態で持ち続けたとしたら、マイナスをなくすためにはマイナス分円安に向わなければなりません。

投資家であれば、赤字は早くリカバリしたいと考えます。

これを解決するため最初に買ったのと同じ量のドルを1ドル95円で売買します。

それで、全体の買い付け価格は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。

これで、2.50円の幅で円安に向えば、損を失くせます。

この流れがナンピンの原理です。

こういうふうに、ナンピンの手法を聞くと、「その通り」と考えるが、外国為替市場はそう易々と思った通りにはなりません。

95円が下値だということなど予想できません。

仮に、為替相場がドル安地合だとすると1ドル=95円では収まらず、さらに一層円高が進む可能性はあります。

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず、1ドル=95円まで円高ドル安になっとしたならば、ナンピンを入れたポジションも損が生じます。

これでは、初めに売買したドルとあわせてマイナスを被ることになります。

それゆえ、ナンピンはややこしいです。

では、外国為替市場が自分の筋書きとは逆の方向にみるみる向ってしまった場合どんな対応で危険性を軽減すればいいのでしょうか。

この場面では選択できる手段は2つだけあります。

まずひとつめは潔くあきらめて、ポジションを諦める事です。

別の方法としては、現在、あなたが所持しているポジションを減らす事で市場が戻るのをじっと待機する事だけです。

控えめな手法だと思う方もいると思います。

しかし、自分が所有しているポジションにマイナスが生まれた場合一番危険の少ないやり方はこの2つ以外には期待できない。

確かに、ロジックのうえではナンピン買いをする手法も効果的です。

しかしナンピン買いは、自分かマイナスになっているにもかかわらず、ポジションを減らすどころか、それとは反対にポジションを積み増していく方法である。

この方法では、危険を避けることなど、どう考えても可能ではないと思ったほうがいいです。

ナンピン買いを続けられればいずれは利益を上げられるかもしれません。

しかし、そうなる前に投資資金は無くなってしまいます。