クルマを売却する場合、車両の査定の時も印鑑証明という書類が必要になります。

それではこの印鑑証明について説明していきます。

印鑑証明というのはある印鑑に対して、それが実印として認められているという事実を証明する目的を持つ公式な書類です。

この書類がないのであれば、その印鑑について実印として認められていることが実証できません。

高額な商談になる車の売却のためどうしても実印が必要になることになりますが、その際に印鑑証明書が必要となるのです。

印鑑証明をつくるためにはその前に印鑑証明しておかなければなりません。

印鑑証明に登録する印鑑は実印と呼ばれていて、世界で唯一の印でなくてはなりません。

実印を用意して、お近くの役場の受付に行くことで、印鑑登録をすることができます。

手続きが終わると印鑑登録カードが交付され登録した判子は実印になったということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうためには、市町村役場の窓口へ出向き印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を記入して、印鑑登録カードを出す必要があります。

それに自動交付機でも印鑑証明を交付してもらう事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはないのです。

そのためいつの印鑑証明でも印鑑証明としての効力は持続するということになります。

しかしながら中古車売却の際は効力のある印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行された書類でなければなりません。

基本的には有効期限などはないのですが中古車の買取の際には、業者側が有効期限を定めていますので中古車の買取予定の車があるのならば買い取りが成立する前に準備しておくことが必要です。