為替の介入というものを知っていますか?日本銀行が為替の介入をして新聞記事、雑誌、テレビ、ヤフーの情報で見られた方もたくさんいると思います。スマホの料金が高すぎて困る・・・そんな時の対処法【節約辞典】

元より外国為替平衡操作(為替介入)とは我が国においては、財務大臣が為替相場の安定性を実現できるように実行する手はずと評価されています。マカクラチャイダム

わかりやすく言えば、急激な円高・円安になった時に財務大臣の指示をもとに中央銀行(日本銀行)円を売買することで相場を安定させる、ということです。風水 金運

外国為替平衡操作(為替介入)にはやり方が何通りかあります。レモンもつ鍋

1.単独介入・・・政府または日銀が東京での市場で積極的に市場に加わり為替介入をする。

2.協調介入・・・いくつかの銀行などが話し合ったうえ各銀行などが金を用いタイミングを合わせてもしくは少しずつ為替介入(外国為替市場介入)を実施する。

3.委託介入・・・国外の通貨当局に外国為替平衡操作(為替介入)を任せる。

4.逆委託介入・・・日銀が他の国の通貨当局と代わって為替介入を遂行する。

この通り種類です。

いずれの種類の為替介入(外国為替平衡操作)も一時的、または引き続き為替の市場に影響力を与えるはずです。

外国為替平衡操作(為替介入)のお金はやはり国の威信をかけて行なうのですから桁違いです。

円ベースで考えると、いつもは数銭ごとに動く円相場が突然数円の動きをします。

個人投資家の人でしたら一度は体験したと考えますが、これまで見込み通り利益(または損失)が増えている持ち高を維持していたのだが、持続している保有高が決済となりましたとの通達がFX業者よりメールが来ました。

いくら得したのかな(赤字になったのか)?と考えつつ決済された報告を確認したところ、自分が予想していた事とまったく逆の事になっていてびっくりしたといった例があるのです。

為替介入が行われた時によくあることです。

このように為替の介入が実施されると、為替市場の動きと逆の変化をします。

さらに変動する金の大きさはものすごく大きくでかく動くので用心しましょう。